プロフィール
宮崎の女性向けフリーペーパー「きゅんと」の編集をしております、茸です。取材ウラ話、小話、他愛のない話などを更新していきたいと画策してます。お時間ありましたら、お付き合いくださいませ。

!ATTENTION!
このブログでは、県内に実際にあるお店や施設を実名で記載しています。ブログの影響力は想像がつきません。ですから、批判や悪口は絶対に書かないことをお約束します。もちろん、ウソは書かないので、事実がないのにほめることもありません。
このルールにのっとり、コメント・トラックバックでも批判や中傷をはじめとするネガティブ情報はすべて削除させていただきます。 もちろん、私の紹介したお店や施設が、実際行ってみて全然良くなかったということもあるでしょう。そのときは大変申し訳ありませんでした。そのことは、ぜひお店や施設の人に直接伝えてください。みんなで宮崎をもっと良くしていきましょう!
※詳しくは、ブログにおける名誉毀損罪についてお調べください
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter

2008年11月22日

お参りへ

さて、京都に来ている私ですが。

今回の旅の目的は、1つは弟の京都の社会人生活を
のぞき見すること。
で、もう1つは「伊勢神宮」に行くこと。

聞けば「伊勢神宮」とは日本人なら一度は行きたい
と思うそうじゃありませんか。
そういえば私がいつもいく都城の神柱宮にも
「伊勢神宮へお参りしましょう」って旗が
立っていたしね。

というわけで、弟のとんでもないクラシックカー
に乗り込み、高速をすっとばして一路、三重へ。

お参りへ
とんでもない人出です。
てか結構京都から遠いね。土地勘が無いので
よく分からなかったんですけど。

伊勢は内宮と外宮とあって、内宮のふもとには
おかげ通りっていうにぎやかな通りがあります。
もちろん、来るまで知らなかったですとも。
食べながら歩けるようなものがいっぱいあって。

きゅうりの1本漬け、はまぐりの串焼き、
みたらし団子、チーズかまぼこ、豆腐ソフトクリーム、
串こんにゃく、甘酒…。
あらゆるものを食べました。
どれも200円前後で、つい食べてみたくなるの。

もちろん赤福もお茶付きで食べましたよ。
お参りへ
パウチじゃないフレッシュな赤福を初めて食べた
けれど、おいしいねえ!びっくりしました。
お餅もやわらかくて。
あと、伊勢うどんも食べたよ。
ぶよっとふやけたおうどんに甘辛いタレ。
小さいおどんぶりに入っていました。
ちょっとした軽食だね、あれは。
うどんって感じじゃなくて、どっちかといえば
だんごみたいな。

まああと別のお宮も行ったんですけど、これも
かなり遠くて。
でも、すごく楽しかったです。

そして帰りは疲れたのでパーキングで寄り道を
ちょくちょくしながら帰りました。

嬉野パーキングで食べたジャンボたこやき。
お参りへ
タコだけでなくエビやら卵やら入ってます。
あっつあつで、味はちょっとお好み焼きみたい。

ちょっとずついろいろ食べるのは楽しいなあ。
さて、明日はどうしようかしら。


同じカテゴリー(OFFの日レポ)の記事画像
とどけこの声
木漏れ日が好き
爆睡
霧島ふたたび(1)
隠れた名店
堂々と引きこもる
同じカテゴリー(OFFの日レポ)の記事
 とどけこの声 (2009-10-25 19:58)
 木漏れ日が好き (2009-10-19 21:17)
 元気が出る本 (2009-10-17 22:18)
 テレビっ子 (2009-10-04 18:34)
 爆睡 (2009-10-03 20:07)
 雨の日の憂鬱 (2009-09-27 17:12)

この記事へのコメント
こんばんは。
晩秋の伊勢はいかがでしたか。
きっと五十鈴川の紅葉も色づいていたことでしょう。
やはり、赤い毛氈に座って、五十鈴川のせせらぎに耳を傾けながらの「赤福」は、ひと味違いますね。
20年過ごした伊勢から故郷に帰って15年今でも、「伊勢うどんのつゆ」を取り寄せています。
Posted by ひみつのあっこちゃん at 2008年11月26日 19:14
ひみつのあっこちゃん>
赤福に添えられていたお茶がほうじ茶でした。
あまい赤福にぴったり合ってておいしかったです。
伊勢うどんのつゆってあるんですか…。
あの独特のめんはどうやって再現するんですか?
ただコトコト煮込むんでしょうか。
Posted by 茸茸 at 2008年11月28日 19:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
お参りへ
    コメント(2)