プロフィール
宮崎の女性向けフリーペーパー「きゅんと」の編集をしております、茸です。取材ウラ話、小話、他愛のない話などを更新していきたいと画策してます。お時間ありましたら、お付き合いくださいませ。

!ATTENTION!
このブログでは、県内に実際にあるお店や施設を実名で記載しています。ブログの影響力は想像がつきません。ですから、批判や悪口は絶対に書かないことをお約束します。もちろん、ウソは書かないので、事実がないのにほめることもありません。
このルールにのっとり、コメント・トラックバックでも批判や中傷をはじめとするネガティブ情報はすべて削除させていただきます。 もちろん、私の紹介したお店や施設が、実際行ってみて全然良くなかったということもあるでしょう。そのときは大変申し訳ありませんでした。そのことは、ぜひお店や施設の人に直接伝えてください。みんなで宮崎をもっと良くしていきましょう!
※詳しくは、ブログにおける名誉毀損罪についてお調べください
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年10月31日

突然最終回

2007年11月よりスタートしました「茸のきゅんきゅん日記」。
早いもので丸2年(およそ)が経過いたしました。

毎日毎日、何かブログのネタになるものを探して
話題になりそうなものを食べたり、買ったり、
外食をすれば必ず食べる直前に写真撮影。
休みの日には更新をすっかり忘れて寝てしまい、
深夜0時ギリギリに思い出して飛び起きるなんて
こともありました。
ネタがない日は無理やり思ったことやら読んだ本の
ことを書き。
つい筆がすべって個人的な趣味や思想をつらつらと
書いてみたり。

きゅんとの編集として始めたブログではありましたが、
完全に私個人が作るメディアとして、多くの情報を
たくさんの人に伝えることができていたなあと思います。

日々伸びるアクセス数に喜び。
見ず知らずの人からのコメントに喜び。
思わぬところからの「ブログ見たよ」に喜び。
このブログは私に伝える喜びと楽しさを
教えてくれたように思います。

しかし、そろそろ丸2年。
私も普通の女の子に戻るときがやってまいりました。
本日の記事を最後に、このブログを
最終回にしたいと思います。

とにかく私が伝えたいことは。
「宮崎はステキ」ってこと。
その宮崎に住んでいる人たちもステキってこと。
だって宮崎は私のふるさとだから。
生まれ育った場所であり、今も優しく
包み込んでくれている土地だから。

宮崎に住んでいる人が、宮崎を好きになってほしい。
宮崎に住んでいない人も、宮崎を好きになってほしい。
ただそれだけの思いで、2年間、書き連ねてきました。
記事にできなかったネタがもったいないとか、
自分のライティング能力を試してみたいとか、
単にデジモノが好きだとか、
そういう理由もブログを書く理由にはあったけれども、
一番の根本は、多くの人に宮崎を知ってもらって、
宮崎を好きになってもらいたいってことでした。
まあ自分のこともかなり書いてしまってるので
自分自身のPRにもなっちゃったなあとは思うけど。

毎日このブログを楽しみにしてくださった皆様。
ときどきまとめ読みしてくださった皆様。
2年間お付き合いしていただき、
本当にありがとうございました。
皆さんが読んでくれたからこそ、
こんなに続けられたんだと思います。

残念?
さびしい?
ええ、私も同じ思いですとも!
どうしても辞めなければいけないのか?と
自問自答しています。
けれども。
大好きでも別れなくてはならないときが
人生にはありますね。
何か大切なものを守るために、
何か別な物を手に入れるために。
私がこのブログを手放すことは、私にとって
さらなる飛躍と挑戦を意味します。

人生は螺旋階段を上るが如し。
上から見たら同じところをグルグル回っている
ように見えても。
実は少しずつ上へ上へと登っているのです。
私の願いはただひとつ。
それをかなえるために、一歩一歩。
近づいてるのか遠ざかってるのかよく分からない道を
ひたすら歩き続けるのです。

ちなみに。
ブログ更新はストップしますが、別にブログを
消しちゃうつもりはありませんので
なくなってしまうわけではないですよ。
コメントもメッセージもトラバも
管理はし続けます。
コメント返しもやります。

しばらくして、ほとぼりが冷めて。
私の中の「誰かに言いふらしたい」という情熱が
ふつふつと沸いてきたら、またブログを
始めちゃうかもしれません。
そのときは「きゅん日記」ではなく、
完全に私個人のブログとして書くと思います。
そのときが来たら、また読んでもらえるとうれしいかも。
良かったら、でいいけど。

それでは。さようなら。

皆さまの幸いを、
心から、祈っています。


茸のきゅんきゅん日記  おわり


  


Posted by 茸 at 23:59Comments(23)ブログ挑戦記録

2009年10月30日

念願かなって

今日は佐土原に行く用事がありましたので、イオンモール宮崎の
前の道を江田神社に向かって走っておりました。
ちょうどお昼時でしたので、お昼ごはん何にしようかなーと
思っていたら、ふと『らーめん よし茶』のみそチゲの看板が
目についた。そういえばここ、前から気になってたけど行ってない。

行ってみました。

始めて入ったお店ですが、天井が高くてなかなかオサレ。


みそチゲを注文しましたよ。800円。ご飯付き。

おおおー辛そう。

豚肉やモヤシが乗ってまして、そぼろ肉もON。ネギいっぱい。
いいねいいね〜。
テンションが上がってきました。

スープは味噌チゲ鍋のような。
そぼろは少し甘めの味付けで、ビバ私好み!
半熟たまごも素敵です。
麺は少し細めで固め。素晴らしい。
ご飯もスープと一緒に、ぞうすいみたいに食べると
とてもウマイ。
結構大盛りでね、お腹いっぱいになった。
良かった〜ギョウザ頼まなくて。
だれかと一緒に来たときに頼もう。

この味、好きだな〜私は。
オーソドックスな味噌チゲですけどね、辛さも
ちょうどいいし、ちょっと甘味もあって、コクがあって。
ここはリピしたいと思います。
でもラーメンも気になるよね。トンコツと味噌。
漬け物がキュウリだったのもポイント高いよ。手作りかな。
近くに行ったときはぜひチェックしてみてね。  


Posted by 茸 at 19:11Comments(1)ウマウマ話

2009年10月29日

童心

今日は都城市のながの家具さんとこに、おもちゃの
取材に行ってきたんですよ。
ほら、クリスマスだから。

そしたらねー。
こんなのがあった。

プラズマカーって言うんだって。

ペダルがないのに三輪車。
ってか前方に3つ車輪があるから5輪車。
でもね、これは別に足で地面を蹴って進むタイプの
乗り物じゃないですよ。
ちゃんとね、両足を乗せて、ハンドルを左右に
振る(っていうか回す?)ことで前に進むの。
ええ、全然分かりませんよね。
プラズマカーでググッてみてください。動画があるから。

なんとお店に試乗車(!)が用意されていました。
もちろん乗ってみました。
フローリングとか地面がツルツルしてるところで
やると、びっくりするほど前に進む。
思いっきりハンドルを切るとくるりと360度回転。
なんじゃこりゃー! 思わずはしゃいだよ。

耐重量は100kgなので、子供と一緒に親も乗れるの。
もちろん大人も乗れる。ちょっと足が狭いけど。
すごい不思議な動きをするのでなんか楽しい。
しかもね、価格がね、1万円を切ってんの。9975円。
クリスマスプレゼントにちょうどよくないですか?
だって大人も遊べるんだよ。
ちょっと欲しかったです。

でもね。
ほんとに欲しかったのはコレ。

現品限り! セール!!
うわーと駆け寄って値段を見たらキュ、9万9千・・・
あああいいなぁほしいなあ鳥かご型椅子。
もちろん座ってみました。ゆらんゆらんしました。
ブランコみたい。いーなー。いーなー。
物欲しげな顔をして帰途につきました。
  


Posted by 茸 at 21:24Comments(2)取材ウラ話

2009年10月28日

ブツブツな季節

おでこにガサガサのブツブツがいっぱいできました。
1カ月前くらいから。
前髪で隠れるけどかゆいので困る。
じきに治るだろうと放置していたのですが、ひどくも
ならないかわりに改善の兆しも一切見えないので、
業を煮やして病院に行ってきました。
いつもの多田皮膚科。

見てもらったら、「ニキビですね」といわれました。
あっさり。なんかがっかり。
あやしげな皮膚炎だったらなんか治りそうな気がするのに
ニキビって言われると治りそうもない気分になるのは
どうしてだろう。

カルテを見たら、去年の10月18日に病院に来てました。
おなじくニキビで。あらら。
ということはこのシーズンになると私は謎のニキビに
悩まされるということになるじゃないか。
てことは湿度とか、何かの刺激とか、そういうこと?
とりあえず飲み薬をもらいました。
細菌を殺す抗生剤の一種だって。
塗り薬もあるけど、私の肌には合わないんだって。
1カ月半くらいで治るそうです。暇が要るな〜

ところで先日まとめ買いしたシャツがとても良い。
シミがあるという理由で激安だったのだけれど、何回か
着てれば薄くなるでしょと思って購入。
スタンドカラーの白いシャツはとても好きなのだけれど、
袖やらフロントやらにレースが縫い付けてあって
なんだかパジャマみたいなロマンチックな風合いです。
しかも生地がすごい柔らかくて、一体何年前から着てんの?と
問われそうな勢い。
というわけで着心地が素晴らしいのです。
私は五感を大切にする派なので、服は着心地重視ですよ。
見た目は…まあ着心地と動きやすさが十分満たされた上での
話になりますね。

最近いろんな人からブログを見たとか見てるとか言われる
ようになりました。
「こんな若輩者が偉そうなこと書いてスンマセン」と
全力で謝りたくなるようなエライ人も読んでいるようで
ちょっと荷が重い。

ま、だからって書く内容を変えたりはしないけどね。
思ったことしか書けないから!  


Posted by 茸 at 19:05Comments(0)気まぐれ日報

2009年10月27日

馬車馬

今日はものすごく忙しいのです。
忙しいっていうか…締め切りが短過ぎるものが
多くって…。30分以内とかさ〜おかしいよ〜。
手は2個しかないんだよー。

というわけで今日はここまでよ。
もちろんノルディックも練習できてないよ。
んもー。

茸 心の川柳
 一日は24時間しかないよ
   普通は夜は お休みだよ

夜はちゃんと眠りたいのよー。ううう。  


Posted by 茸 at 20:03Comments(0)気まぐれ日報

2009年10月26日

シェイプアップ宣言

さて。昨日予告しました内容。
昨日の午前中に一体私が何をしていたかということについて。

先日、北郷の森林セラピーに参加してから、私の中に
眠っていたスポーツ魂がめらめらと燃えまして。
このノルディックウォーキング、本格的にやろうと
決意いたしました。
宮崎県ノルディックウォーキング協会にも連絡して
会員費を払い、ポールも購入。(会員だとかなり安く買えるから)



MY ポール登場。
イメージングを大切にしているので、いつも目につく
ところに置いてあります。枕元とか。(護身用じゃないよ)
なにげに最高級品を購入。ちょくちょく買い替えるものじゃないから
いいやつ買っておかないとね、後悔するもんね。
ちなみに摩耗するポール先のラバー部分は交換可能です。

なんかね、このポールを持って歩くっていうのが
それだけでワクワクするんですよ。ホント四本足で
歩くみたいになんのね。地面の硬さも手のひらに伝わるし、
肩や腕(特に上腕)、背中、腹筋にバキバキきますよ。
不思議なんだけど。単なるウォーキングとは全然違うの。
実際に効果も負担の掛からなさも全然違うんですけどね。

でもね。問題が一つ。
ポールを買っても、使えない。
というか、使い方が分からない。
「ポールで地面を押すように歩く」って言うと簡単だけど
毎日2本足で歩いている人にとって、あと2本の足が
加わることはかなりリズムも変わってくるしね、
しかも正しく歩けてないと効果は激減。
本やDVDを見てやってみても、じゃあちゃんと
歩けてるかって聞かれたら微妙だ。どんなスポーツでも
初めはちゃんとコーチについて習った方がうまくなるでしょ。
ノルディックも、簡単に見えるからこそ、正確に
歩き方を習った方がいいと思うんだ。
鍛えたい部位や体の調子(ひざが悪いとかさ)によって
歩き方も変えた方がいいし…そうなってくるともうお手上げでしょ。
ていうかぶっちゃけ、習わないと全然できない。

というわけで、協会の人に教えてもらおうと思って、
昨日、市民の森で行われるイベントに行ってきたのだ。
そのイベントに、協会の人が来て何かするって聞いたから。
そしたらさ…雨が降ってさ…肝心のイベントが中止になってさ…
でも協会の人は来てたし、私も来てたから
「じゃあ、今ちょっと教えましょうかね」って話になって
なんと個人レッスンをしてもらっちゃたのです。なんとラッキー。
てかホント、昨日の雨は私のため。For only me なの。

みっちり1時間ほどレクチャーしてもらったのですが、
腕はダルい背中は重い。たったあれだけ歩いただけで。
でもね、「毎日の練習のとき、ちゃんと真面目にフォームを
気にしながら歩くのは15分くらいで充分だよ」って言われた。
とにかく運動量が思ってるよりあるスポーツだから、
やり過ぎに注意なんだって。
そして、肝心の歩き方なのですが。
ええ、1時間練習したくらいじゃ、マスターできません。
何コレなんで?難しいよ?悔しいいいぃぃ〜

私は確かにスポーツ苦手でリズム感も微妙だが、それほど
できないって程じゃない。それなのに。ムムム
「そんなすぐにできるようにはならないよ〜。私達だって
 マスターに1年くらい掛かったし、今もまだまだだから」
とおっしゃっておられたけれども。
よっしゃ。早くマスターしよう。そんでインストラクター
にもなっちゃうの。せっかくだから。
弟も「姉ちゃんがインストラクターになったら教えてよ。
おもしろそう」と言ってますので。

だってさーカッコいいじゃん。このポール。二刀流で。
歩く姿も颯爽としてさー。なんかスポーツしてるって
気分にしてくれるし。
一緒に始めたうちのオカンなんてねえ、ちょっと痩せてきてんの。
10年以上フラダンスをやってて、足とか腰回りとか筋肉は
ガチついてるのになぜか痩せないと不思議がっていたあの母が!
だってエプロンがガボガボになったんだよ。すごくね?
ちなみに。私の狙いは痩せることではなく二の腕のタルタルを
キュ!と引き締めることと、お腹に縦に筋を入れること!
できれば太ももが細くなるとなお良し。
あとね、体力を付けることと、肩こりをなくすこと!
腕を後ろに振って歩くから、肩こりは解消されるらしいよ。
ああ知れば知るほど、美貌が気になるうら若き女性に
ぴったりじゃあございませんか。ねぇ。

西都ではまだ誰も教える人いないから、私が教える人に
なったらステキくない? 誰か習ってくれるひとー! はーい。
そんでね、西都原でね、みんなで歩くの。桜の季節に。
のちのちには大規模なイベントに……ユメガヒロガル。
そのためにも!はやくマスターしなきゃ。
まずは練習だ。  


Posted by 茸 at 19:10Comments(2)わたくしごと

2009年10月25日

とどけこの声

今日は台風の影響なのか、強風と雨でとんでもない
天気でしたね。寒いし。
西都原で大々的なイベント(産業祭り)があったのに
マジでKYと思います。まったくもう。

というわけで、午後から行ってみました。
宮崎ゴスペルクワイヤのライブがあるということで、
あらーそれは見に行かなければと思って。
そしたら。


あれ。どなたか歌ってはる。

なんと。EPOさんがシークレットゲストとして
登場されていました。
私が知ってるEPOさんの歌はね、化粧品のCM曲
だった「う・ふ・ふ・ふ」。
うーふふっふ、ちーやほやーされて~♪
っていうやつです。聞いたことある人ハイ。
そうですあなたは同世代。
子供心になんかかわいい歌だと思ってた。

初めてライブを見ましたが、すごいねー。
静かな、ちょっと大人しめのパフォーマンス
なのかなと思ってたけど全然イメージと違った。
途中で、次に登場する宮崎ゴスペルクワイヤも
ステージに上がって、セッション(?)を披露。
最後の曲「聖き彼の人」(多分)で、クワイヤ
メンバーがコーラス(即興の)みたいな感じで
参加したんだけど、なんかね、グルーヴがすごかったです。
なんら違和感なく、というかおんなじソウルの
もの同士が合わさると、例え音楽のジャンルや
テイストが違っていても、ちゃんと混ざり合うのかも。
気づいたら泣いてて大変だった。(涙もろい)

私は歌うのも歌を聴くのも好きなのですが、
歌い手というのは巫女的なイメージがします。
やっぱほら、言霊を操る特殊能力だもんね。
音は場を清めることも汚すこともできるから。
歌詞もスピリチュアルで意味深でした。もう一回
ちゃんと聞きたいなあと思った。

そして、いよいよゴスペルの登場。

雨が降り、風が吹くという最悪のシチュエーションで
すごい熱い、エネルギー溢れるライブで
魅せてくれました。なんか皆すごい上手になってるなあ。
歌のウマさとかは私は分からないのですが、ノリ?
手拍子したり、ちょっと振りつけが入ったり、アレンジも
ジャズっぽく、ロックっぽく(?)。なんだろう、
ノリノリな感じになってました。
知ってる曲が多かったので一緒に歌ってた。
客席で。ノリノリで。楽しかったです。

ウーピンさんもすごいパワフルでねー!
あの歌声は何なんだろう。地の底からしぼり出される
ような重い、辛くなるようなゴスペルじゃ全然なくて、
パワフルなのに重くない。澄んでる感じの。
聞いてて気持ちいい声なんですよね。
やっぱりキャラクターの問題なのかな・・・明るいから。

ひどい天気にもかかわらず、結構お客さんもたくさん
来られてましたよ。

この地に眠る古代人も喜んでることでしょう。
なーんてね。
言いますけどね。
これ別にシャレじゃないから。
なんか土地が喜んでる感じがするんだよねー。
地面が明るく見える感じとか、ちょっとざわざわ
する感じとか、あるじゃないですか。ああいうの。
神様の眠る土地だから、歌ったり踊ったり飲んだり
騒ぐのは好きなんだと思うよ。
いずれ、西都がわいわいエネルギーに満ちるような
ことをしたいです。私の夢。

ライブ後。
ゴスペルの皆さんに挨拶したり、お話したり、
なんとEPOさんご本人ともお話できました!
うわーなんか感激。
私はもう何もかも「ほほーほほー」と口をあけて
聞いていただけなのですが、ところどころに
ピーンとくるキーワードがあったりして、
ああこのライブは私にとってすごく大きな意義が
あったんだなあとしみじみしました。
ピーンと来た言葉は秘密。
私のためだけのメッセージだから。

今日は午前中もちょっとあることに挑戦してて。
(これは明日書くね)
とても充実した一日でした。
神様へ。ちょっと一日に詰め込みすぎです。
  


Posted by 茸 at 19:58Comments(5)OFFの日レポ

2009年10月24日

超豪勢

今日はワケあって、青島パームビーチホテルにて
すごい豪勢なランチを食べてきた。
なんと15,000円。一部おごりで。
1食分でそんな金額って一体何が出てくんだろう、
っていうかすごい量が出てきたらどうしようと
半ば不安で行ったのですが、杞憂でした。

まずはお刺身。

伊勢海老、ウニ、アワビとゴージャスなラインナップ。
良かった、金額を量でカバーしてなくて。
手前にある貝の内臓みたいなのはカメノテだって。
レバーみたいな味だったよ。うまい。
アワビって初めて食べたけど、固いね。
コリコリしてて、あんまり味はないような。
加熱したら柔らかくなるのかな。
バター焼きがいいです。今度は。(次はない)

そして、しゃぶしゃぶ。

宮崎牛の5等級(最高級)。
量がちょうどいい。すごいとろけるですよ。
でもたくさんはムリだな。これくらいで大満足。
タレもうまかったし。

焼き物。

伊勢海老の下にはちょっぴり黒米(赤米かも)が
入ってました。ドリアです。

あと、サザエのつぼ焼き。

絶品。
今までのサザエのつぼ焼きの中で一番うまかった。
これね、ちゃーんと中身が出してあってね、食べやすく
切ってあるのよー。しかも奥にはシイタケが。
うまみたっぷり。おーいしーい!


もちろんおみそ汁も出たよ。
伊勢海老のミソがたっぷりでうまかったあ。

デザートは栗のシャーベットでした。シャーベットよ!

食べてみたら確かにシャーベットでした。
栗のツブツブが入っててね、シャーベットは洋酒かな。
さっぱりすっきり仕立て。

いやー豪勢なものをたらふく頂きました。
(サザエに至っては人の分まで食べました)
量もちょうど良かったし。
帰りに1階のカフェーにて、荒れるグレーの海を
眺めながらコーヒーなんぞたしなみました。
すばらしき一日。

明日は西都原で産業まつりですよ!
宮崎ゴスペルクワイヤのライブもあるので
ぜひとも行かねば。
特製ハンバーガーとかも作られるんだって。
どうやらEMO牛を使うらしいというウワサ。
結構大掛かりなお祭りみたいだからお暇な方は
ぜひ行ってみてくださいね!
私も行きます。
もし気づいたら声をかけてねー。
  


Posted by 茸 at 22:04Comments(2)ウマウマ話

2009年10月23日

ポーリポリ

特集の原稿、やっとでけたー。
毎回のことながら難産。
いや、エンジンがかかるとダダダーって進むんだけど
真っ白な紙面にボーゼンと向かっている時間が
けっこうあるんですよね。私はレイアウトが苦手です。
ああ作家になりたい。
作家ならベタ打ちでつらつらと書き連ねれば
いいんだもんねえ。たくさん書く自信はあるよ。

マクロビを今回取り上げましたので、しばらく忘れていた
玄米食を再度始めました。
知らなかった!玄米を炊くときに洗わないといけないなんて。
玄米はとがなくていいと誰かから聞いて、水を入れて
ちょっとゆすいでそのまま炊いてた。特に疑問にも思わず。
「玄米ってちょっとクセがあるよね」といいつつ平気で食べてた。
教えてもらった通り、ちゃんと洗って炊いたら別モノ。
どこが「ちょっとクセ」だよ。もはや味ご飯レベルじゃん。
ちゃんと洗ったらニオイもあんまりないし、色も少し
薄い気がするよ。
好き嫌いがないにもほどがありますな。

あとねー。
実はここ最近、ちょっとお腹が出てきてた。おへその下が
えらいことぷーって膨れてたのです。
あらーやはり30の壁っていうのは体にも出てくるのねと
感慨深いものを感じていたのですが、玄米を食べ始めて
数日でお腹はしぼんでしまいました。治った!
やっぱり玄米はデトックス効果すごいんだなあ。
ちなみに。おやつにはクルミを食べております。リスか。  


Posted by 茸 at 17:35Comments(2)気まぐれ日報

2009年10月22日

禁断の名前

昨日お昼にフーデリー赤江店に行ったら、おしりぱんが
いっぱいありました。珍しく。たいていは売り切れてんのに。
ハイジの白パンとか、ほちゃほちゃしたパンが好きな私。
その例にもれずおしりパンも圏内でございます。

そしたら見たことのない新しいのがあったので買いました。

「おならのおしりぱん」 by Ohana
うさぎ農園バージョン。
うさぎ農園のOhanaのおならのおしりぱん…
なんかいろんなものを想像したのは言わないでおこう。
うさぎのおしりは確かにかわいいよね。フリフリして。

てかおしりぱんもギリだと思うのにおならって
どういうことだと思ってたら、こういうことだった。

どうりで重いと思った…。

ちなみにこのおならおイモ、すごく甘くて
おいしかったのですよ。甘さ控えめのイモ甘納豆入りの
もっちりパンって感じ。この生地もすごくおいしいし。
すっごくしっとりしてます。しーっとり。
おやつにピッタリです。ほんのり甘くて。
あっという間になくなったけどね。食べちゃったので。

もし見つけたら即買いをオススメします。  


Posted by 茸 at 18:00Comments(0)ウマウマ話

2009年10月21日

おいしいものがおなかを満たす

マメにクリームをつけた甲斐がありまして、
本日は手がツルツルです。昨日に反して。

昨日はお昼にうどんを食べたのですよ。
カリーノ宮崎裏の「にし平」で。また行ったの。

もちろんおでんも食べた。昨日は牛すじ。
むしゃくしゃしていたので肉を食べました。肉食系。


で、おろしうどん with 讃岐天を頼んだらね、
思いのほかどっさり来まして、ちょっと苦しかったです。
でもこのコシはやっぱウマイねー。
一度、本場四国に行ってさぬきうどん食い倒れツアーを
やってみたい。高速道路が無料になれば可能なんだけど。
民主政権の動向を見ながら、ETCを買うかどうか決めるよ。

ところで。
誰も悪くないのに、イヤな思いをする事ってあるよね。
まあ原因は「誰か」や「何か」にあるんだけど、
別に悪意があって作為的にやったわけじゃなくて、
タイミング的にいろいろ合っちゃってそうなったってこと。
そういうときって一体どこに怒りをぶつけたらいいか
分かんないよね。

そもそも自分が感じてるのが怒りなのか、憤りなのか
戸惑いなのか不愉快さなのか分からない。
でもみるみるうちに不機嫌になっちゃってさ。
この今のむかつく気分はなんだろうと思ってじっくり
考えているうちにはっきり感じていたその感情は
バラバラと分解されちゃって、なんとなくわだかまりだけが
残ってしまう。

感情はちゃんと味わった方がいいそうなのだけど、
味わうというか「何だろう?」って見つめてるうちに
なくなっちゃうという感じの方が強いのです。
だから少しずつ溜まっていっちゃうんだろうなあ。
なんとなく、なんだかなあという気持ち。  


Posted by 茸 at 19:09Comments(3)ウマウマ話

2009年10月20日

おててガサガサ

秋ですね。

手荒れのシーズンですね。

真夏でさえ指先がさらさらカピカピしている私。
ちょっと寒くなるともうスゴイです。
セーターとか布とか触ると引っ掛かって気持ち悪いのです。

というわけでハンドクリームをつけるのですが、
(まあぶっちゃけあんまり効かないんですけどね)
もともとクリームとか付けるのが嫌いなものですから、
ベタベタするのがイヤでついつい、付けなくなってしまう。

そんな私が、「まあ付けても気にならない」と思える
唯一のハンドクリームがこちら。資生堂・キリョウ。

110gで1000円しません。900円ちょっと。
ニオイもなく、ちょっと乳液っぽい付け心地。
ちょっともみ込めば、ベタつきはすぐなくなります。
売ってるところが見つからなくて、結局去年は
ほかの自然派ハンドクリームを使ってたんですけど、
えらいオイリーでいつまでもテカテカなのが気になり、
結局使い切りませんでした。

今日、取材で高千穂通りをうろついていたとき、ふと
「あ、カリーノの中のミノリさんなら資生堂あるじゃん」
と思い出しまして、ようやくGETしました。
もっと早く思いつけば良かったなあ。
このキリョウのハンドクリーム、すごくいいんです。容器が。


だってワンタッチオープンなんだもの。
閉めるときも押すだけなので、クリーム付けたてのベタベタ
したお手手でも扱いやすいよ。
こういう容器に入ったハンドクリームは他には見たこと
ないんだけど、キリョウだけなのかな?すごい便利なのにね。

以前は白×ブラウンのいかにもナチュラルな容器だったのに、
今はピンクになっちゃったのですね。うわあキュートだ。
うるおい浸透成分と美白成分がさらにプラスされたそうで、
効き目もさらにアップしているそうです。

てかね。
45g入りのチューブタイプ(500円)も出てた。

こんなの前はなかったのに。
持ち運びに超便利じゃないのさー!!
ハンドクリームは家用と外出用と2つ、確かに欲しいね。
まんまと買っちゃいました。商売上手さんめ。

ところで効き目はどうですか、って話だけど。
そもそも他のハンドクリームをちゃんと付け続けたことが
ないわけですよ。だって付けたら気持ち悪いから。
ちゃんちゃんと毎日付けて、1個使い切ったのは
キリョウしかないので、比べられない。
毎日きちんと使ってりゃそりゃそこそこの変化はあるよね。
付けないとすぐガサガサするし。
尿素入りのとかも使ってはみたけど、結局2、3回
塗ったらもう使わなくて、1年放置して捨てるパターン。

ハンドクリームを買ったら、キリョウの化粧品の
サンプルをくれました。
前からちょっと気になっていたのでうれしい。
キリョウはほかの資生堂ブランドと比べると安いので
使ってみようかな?って気になるのです。
早速本日試してみようと思います。  


Posted by 茸 at 17:39Comments(0)わたくしごと

2009年10月19日

木漏れ日が好き

超インドアの私が今日はこんなことしました。



北郷町・猪八重渓谷にて
森林セラピー by ノルディックウォーキング!

往復6kmのアップダウンのある道のりを
制覇いたしました!


途中は大変風光明媚で。


常に水辺がそばにありまして。

最終地点でおべんとを食べました。

ホテル北郷フェニックス特製・セラピー弁当。
でっかいおにぎりには具が5種類。
はだかの大将も真っ青のサイズ。
すんごくおいしかったです。
おかずもね、おいしかったのだ。
ちょっと塩気の利いた天ぷらとか、
甘く煮たサツマイモとか、
串焼きの牛肉とか。

いやー実はね、体力つけたいなと思って。
走るのは、無理。
歩くのは、つまんなそう。
ノルディックはねー、上半身も鍛えられる
ということでね、すんごいやりたかったのだ。
ポールを付いてると山道は歩きやすくなるね。
滑りやすいところも安心。
でね、途中、腕とか背中がだるくなった。
普通に山道歩くだけなら絶対にだるくならない
場所ですよね。
やっぱりポールを使うことで、上半身も
使われてるのだなあ。すげーや。
そして今、すごい足がだるいです。

北郷フェニックスで温泉に入ってきたから
肌はツルツルなんだけどね。

ますますノルディックをやりたくなってきた
茸でございました。  


Posted by 茸 at 21:17Comments(0)OFFの日レポ

2009年10月18日

モダン和食

今日は高鍋町に6月にオープンしたお店、
和こころ 笹舟」にお昼を食べに行きました。


なんだかオシャレな外観。
中に入ると広々としてて、木のにおいがして、
テーブル席と掘りごたつがありました。


お昼は1575円と2100円のランチでしたので、
安いほうを注文。


前菜。
ゴマ豆腐の梅酢かけに、柿の酢の物に、
焼きなすのゼリー寄せ!
初めて食べました。


そしてお刺身とかてんぷらとか。
ここのてんぷらはしっかり衣のカリッと
タイプですね。フィーリングで。
このあんかけしんじょう(?)もおいしかった。

茶碗蒸しがボリューミーなのもうれしい。

お店の茶碗蒸しはおいしいよねー。


ステーキも付いてました。
ちょっぴりだったけどすごくウマイ!
何気に付け合せのズッキーニに掛かってた
ソースがおいしかったです。


最後にコーヒーがオサレな器で登場。

いやいや、なかなか大満足なランチでした。
バラエティも豊かで。
前菜に酢系が多かったのもポイント高いね!

ちなみに、いつもお昼時は車がいっぱい
とまってるそうですよ。人気があるのだね。
遠方から訪れるときは予約をしてからが良さそう。  


Posted by 茸 at 18:22Comments(0)ウマウマ話

2009年10月17日

元気が出る本

今日はお休みだー!
いまの季節はかなり好きです。暑くもなく、ほどよい涼しさ。
で、フリースとか毛布とかフカフカが気持ちいい気候。
もうね、眠くて仕方ありませんよ。
午前中は本を読んだりしてたんですけどね、
午後は寝てた。あまりの気持ちよさに。
陽だまりの中で毛布に包まれてミリー様と昼寝。
3時間も寝るのは昼寝じゃありませんかそうですか。

私は結構本を読むんですけどね、といっても
1日1冊程度ですが。
最近面白かったのはね、こちら。


ロバート・マウラー著
「脳が教える!1つの習慣」

宮崎市立図書館で見つけたんですけど、
真っ赤な表紙がどうも気になって借りてしまった。
こういうアリガチな自己啓発本はベタだなと
敬遠しがちなのに珍しく。
読んでみたらね、もう寝る間も惜しんで
一気に読み終えてしまいました。

大体「自分を変える」系の自己啓発本は
もうすごい量のエクササイズが載っててさ、
読むだけで気が済んじゃうんですよね。
「こりゃー無理だわー」って思う。
これができればそりゃ成功するわーみたいな。
でもね、この本は違うよ。

何かを始めたいとか、自分を変えたい、と
思って壮大な目標を立てて、ガンバリズムで
成功に向かって頑張る、それは絶対挫折する、
とこの本はいう。
まずは「ばかばかしいほど小さな一歩を踏み出す」
ことがポイントだそうだ。

始めのほうに、毎日忙しく、経済的にも苦しい
シングルマザーが登場するのだけれど、その人は
少しうつ状態になっていて、体調(と気分)を
改善させるには運動がうってつけだった。
一般的な医師なら「毎日30分以上の有酸素運動を
しなさい」とアドバイスする。
でも、筆者は言った。
「毎日1分だけ、テレビの前で足踏み運動を
 してみませんか?」
横で聞いていた別の医師は「それだけで何が変わる
というのか」とでも言いたげに怪訝な顔をした。
しかし、それを聞いてうつむき沈んでいた彼女の目は
少し輝く。「それなら、できるかもしれません」

次の診察の日。
彼女は以前より少し生き生きした表情で言った。
「足踏み体操を続けています。1日1分で、
 ほかにどんなことができますか?」
数ヵ月後。彼女はエアロビクスを始めたそうだ。

本当に変わりたいなら大改革をしてはいけない。
脳は変化を恐れる。だから脳が見逃すほどの、
小さな変化でなければ続けられない。
大きな夢を持てば持つほど大きな恐怖がわきあがる
のは、脳の仕組みから考えれば当然のことなのだ。

タバコがやめられない。
ダイエットが続かない。
言いたいことが言えない。
別れたいのに別れられない・・・。
どうしてそうなるのか、その理由が脳の仕組みに
あったなんて。
でも、この本はその解決法をちゃんと教えてくれる。
優しい言葉で。
思いやりに満ちたレクチャーで。
「これならできそうだ」って希望に満ちてくる本。
自己啓発系はよっぽど元気があるときじゃないと
逆に疲れる内容のものが多い中で、これはかなり
異色の内容じゃないかなと思います。

本の紙質も柔らかくて程よく厚いし、
フォントも見やすい。そしてところどころにある
赤文字(ポイント部分)もすごく読みやすい。
もう読んだのに買っちゃったもん。Amazonで。
手元に置いておきたくなる本ですよ。

ちょっと落ち込んじゃってるあなたにお薦め。  


Posted by 茸 at 22:18Comments(0)OFFの日レポ

2009年10月16日

シュワシュワぷしゅ〜

今日、初めて見ました。

いつもおもしろいのを出してくる「キリン 世界のKichenから」。
じっくり煮詰めたジンジャーのソーダ。
ディアボロ・ジンジャー。
かっこいい。ディアボロ。

お味は、ジンジャーが少しだけハッキリした感じの
ジンジャエールです。
ショウガが好きなので、おいしかったです。

ところで今日は仕事で失敗しました。
てかミスしました。

……。
あー。やっちゃった。
……ああー。  


Posted by 茸 at 17:47Comments(2)気まぐれ日報

2009年10月15日

キラキラ金運

こないだ、お財布を買いました。

今まではゴルチェの黒い二つ折り財布を使っていたんですけどね。
さすがに2000年限定モデルをいまだに使っているのは
いかがなものかと思って。
で、探してたのですがなかなかピンと来るのがなくて、
ずーっとそのままになってたのです。

そしたらたまたま行ったLaLaBlueさんで見つけました。
(なんと去年の11月から財布が欲しいと思ってたのだね)


色はアイスピンクって感じ。革とは思えないちょっと
フワフワした妙な質感。あこがれの長財布です。
実は長財布を使うのはこれが初めて!
大人な女性はほとんどブランドものの長財布を使って
ますよねー。長い方が便利なのだろうかと前々から気になってて。
一応COACHとか一般的なブランドも検討したんですけど、
ここでブランドに逃げたら負けな気がすると思って頑張った。

でもさー長財布ってかさばりませんかね?
すんごく分厚くて、下手すると表面にボタンとかベルトとか
ゴテゴテ付いててポーチですか?と聞きたくなるような。
あれがイヤだなーと思ってたんですけど、これはすごく
スマートだったので即決でした。
お店ではほんとにぺったんこだったもんね。
カードとか入れたら膨らんだけど。
色もすごくいいと思った。
単なるピンクじゃなくて、ラメ? 冷たい印象のピンク。
最近の私の目標は「クールな情熱」なので。
ブルーもあったんですよ。ちょっとグレーっぽい。

このお財布、変わってるのがコイン入れ。

上にフタがない。
まあ開き口がかなり上の方まで来ているので、チャックを
閉めれば小銭が出てくることはありません。
落ちるかなーと思ったけど全然で、意外に使いやすいです。
カードもまあまあたくさん入るのですが、かなりキツキツで
作ってあるみたいでカードは出しにくいな。布だし。

そして、チャックの先にはビーズが付いています。

昔懐かしの指輪キャンディーみたいな形。

長財布はお札が曲がらないのがいいですね。ヨレない。
なんかお金がキレイに保てるなと思いました。
レシートだってまっすぐなままです。
ポケットには入らないけど、もともとのお財布だって
分厚くてポケットには入らなかったし。
いやーいい買い物しました。  


Posted by 茸 at 19:02Comments(4)わたくしごと

2009年10月14日

バランスをとる

現在、マクロビオティックについて勉強中。

特集の準備です。
厳密に言えばマクロビじゃないんですけどね。
まあソウルは近いものがあるというか。

もうずいぶん定着してきた感があるマクロビですが、
実際のところ、本当に正しい知識を持っている人は
あんまりいないんじゃないですかね。
「ベジタリアンみたいなやつでしょ?」
「粗食なんだよね?」
「ストイックな食事療法みたいな感じ?」
まあ、だいたい合ってるような違うような。

マクロビって横文字っぽいけど、実は日本人が作り上げた
食餌療法なんですって。
玄米・雑穀を主食とし、おかずは野菜中心。
砂糖、肉、卵、乳製品は極力避ける。
単に肉を食べないって訳じゃないんですねー。
大切なポイントも結構いろいろあって、野菜は皮とか
捨てずにできる限り丸ごと使えとか、陰陽を偏らない
ように食べよ(食べ物はすべて陰と陽に分けられてる)とか、
まあ…いろいろ…ある。
ちょっと薬膳にも近いイメージがありますね。

お肉を食べて精をつけよう!っていう言葉がまだまだ
違和感なく使われている現代日本ではなかなか受け入れられ
にくいかもしれないなあと思う。
「朝食を抜くと病気になる」もいまだに言われてるし…。

実は私は「好きなら好きなだけ食べればいい」と思ってます。
薬膳もマクロビも粗食も近代栄養学の問題点もいろいろ
見聞きしたけれども、結局のところは「ガマンすること」が
人間には一番悪いんじゃないかなあって思うから。
本人がおいしくて喜んで食べてるなら、それに越したことは
ないよなーと。

ただねー。
「好きで食べてる」っていうのがさ、健全な「好き」なら
いいんですけどね、足りない何かを埋め合わせるように、
耐えられない苦痛を紛らわせるために食べてるなら、
そして「うーん♪おいしい!」って感じてるなら、
ちょっとヤバくね?って思う。
どうしてもやめられない系の嗜好品がそれに当たる気がする。
タバコとか、アルコールとか、スイーツとか。
食べなきゃやってられねえ!っていう毎日はキッツいよな〜。

何かが足りないという欠乏感からサプリがぶ飲み、なんて
結論になるのも残念至極だし、できれば食べ物から栄養は
取ってほしい。アトムじゃないんだから。
そしてどうせ食べるならおいしく食べてほしい。
だって食べることは人生の最大の快楽だから。

ま、何事も、ほどほどが大切です。
お釈迦様も言っておられます。中道マジ大事と。
偏りすぎると道を踏み外すからね。真ん中を歩きましょう。  


Posted by 茸 at 18:35Comments(0)気まぐれ日報

2009年10月13日

くだものばかり

こないだ、なんだか久しぶりにもらいました。
「sweet garden」さんのパン。


焼きたて〜ほちゃほちゃ〜。

きな粉のパンだって。色は普通のパンだけども
味は超きな粉ですよ。ほんのり甘い。
5個入りで200円だって。
本店では売ってないそうな。花山手のタイヨーの中だけ
限定販売。あらー遠い。

ここのパンのほちゃほちゃな生地が好きです。
ハイジの白パンみたいなの。

そして今日は午後にフーデリーで買ったカットパインを
おやつとして食べました。
そしたら口の中が痛くなったよ。食べ過ぎじゃい。
パインってね、肉を柔らかくする効果があるじゃないですか。
あれね、酵素の働きでタンパク質を壊すからなんだって。
だから口の中のタンパク質(要するに身ですね)も
例に漏れず壊してくれるわけです。痛い痛い。
だから酢豚にパインが入ってるんですねーって言おうと
思ったけど、缶詰のパインは煮てあるから酵素は壊れてるね。

ちなみに新高(梨)も買ったのだ!でっかいやつ。
218円だったんだもん。今年は果物当たり年?
わーいわーい。これは夕ご飯のデザートです。  


Posted by 茸 at 17:56Comments(0)ウマウマ話

2009年10月12日

猫マンガ

eBookoffでよく買い物をするんですよ。通販。
Amazonと同様、1500円以上買えば送料がタダになるの
ですが、そんなに買いたいものっていつもないし、
でもすぐ買わないと他の人に買われちゃうし・・・
あああどうしよう!ってときのために、「今すぐ買う
必要はないけど、ついでがあったら買っておきたい本」
をいくつか登録してあるんです。

そんな理由で買った本。

「猫絵十兵衛御伽草紙」。

友達とお出掛けするちょっと前に届いて、
「少し読んでから行こう」とちらっと読んだら、
大号泣して大変だったです。
いやー泣ける。ネコはヤバイ。マジで。
犬はさー、かわいんだけど余りに尽くし過ぎるって
いうかさー、尽くしてナンボな生き物って
イメージがあるからか感動犬ストーリー(ハチ公しかり)
は結構ツラくてあんまり読みたくないんですけど。
猫はね。ちょっと違いますね。
飼い主の病気を自分に移して、何食わぬ顔でフイッと
姿を消してしまったり、飼い主に内緒でこっそり
化け猫(猫股)になる練習をしてたり。
なんつーの、「いじらしい」って感じ?
人に媚びない生き物が、自分の意志で大切な人を
助けたり守ったりするというシチュエーションが
泣けて泣けてしょうがないです。うわーんミリー様~
(ミリーもちょっとそういう節がある)

ちなみに、コチラは実写ですが、
このシュールな猫マンガもお薦めです。

「猫バカとバカ猫」。

こちらに登場してるスケキヨ(猫の名前。なぜこの
チョイスなのか・・・筆者のセンスを推して知るべし)は
実はもう死んじゃってるんです。
2冊目にはそのことも書いてあるので読むべし。
この著者はすごく悲しく、辛い思いをしたと思う。
あれだけの猫漫画を作り、ブログにアップしていたわけ
だからスケキヨへの愛情は並々ならぬものだったはず。
でもそれをちゃんと整理して、スケキヨへの思いを
込めた2巻目を出し、ブログ更新もまた始めてる。
辛かっただろうな、でも偉かったと思うし、スケキヨも
きっとそれを望んでいるだろう。

「動物は死んじゃってかわいそうだから飼わない」と
いうセリフはよく聞くけれど、正直全く理解不能です。
今生きていても、死んでいても、一緒に暮らした
思い出はおんなじだと思うけど違うのかな。
どんな生き物だって命は期間限定。人間だってそう。
だからこそ共に暮らした短い期間が素晴らしいのに。
死によって身を引き裂かれるような痛みを味わっても、
いずれは一緒になれるのだから怖がらなくてもいい。
死んだら終わりなんじゃない、生きている時間がむしろ
奇跡なわけだからね。

10年前後しか生きられない猫(平均的に)。
せいぜい80年前後しか生きられない人間(一般に)。
そんな生き物同士が一緒に住んで、心を通わせて、
種が違うのに意思疎通しながら生きていく。
素晴らしいじゃないか。
まあいろいろとゴタクを並べましたが、
結局私は猫好きなわけです。
  


Posted by 茸 at 19:02Comments(0)わたくしごと