プロフィール
宮崎の女性向けフリーペーパー「きゅんと」の編集をしております、茸です。取材ウラ話、小話、他愛のない話などを更新していきたいと画策してます。お時間ありましたら、お付き合いくださいませ。

!ATTENTION!
このブログでは、県内に実際にあるお店や施設を実名で記載しています。ブログの影響力は想像がつきません。ですから、批判や悪口は絶対に書かないことをお約束します。もちろん、ウソは書かないので、事実がないのにほめることもありません。
このルールにのっとり、コメント・トラックバックでも批判や中傷をはじめとするネガティブ情報はすべて削除させていただきます。 もちろん、私の紹介したお店や施設が、実際行ってみて全然良くなかったということもあるでしょう。そのときは大変申し訳ありませんでした。そのことは、ぜひお店や施設の人に直接伝えてください。みんなで宮崎をもっと良くしていきましょう!
※詳しくは、ブログにおける名誉毀損罪についてお調べください
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年07月12日

やっちゃった

えー、皆様に謝らなくてはなりません。

あれほど大プッシュしていたWillcom「D4」ですが、
裏切ってしまいました。

今回は、見送ります。
おもな理由は「バッテリー」です。
標準バッテリーで1.5時間、大容量のものでも5時間に
満たない、という状況ではとてもじゃないけれども
実用的ではない(わたしにとっては)と判断した
結果でございます。
大変悔しいのですが、致し方ありません。

そのかわり。



買っちゃいました「IPhone 3G」!

だって西都のソフトバンクに普通に売ってたんだもん。
普通の携帯みたいに買えちゃったんだもん。

えーと、感想を言います。

「甘く見ると痛い目にあうよ」

iPhoneは、携帯じゃない。

まあ携帯できて電話ができるから携帯、という
見方でOKなら携帯だけどさ。

細かいところが携帯電話と全く異なるので、
非常に不便な点があります。

たとえば。
アドレス帳。

簡単に入れられると思ったら大間違いだからな~!!

旧携帯からアドレス帳などデータを引き出せるという
ソフト「携帯メモタツ」は、私の場合はうまく動きません
でした。
もともとsoftbankの人は、ソフトバンクのHPに
バナーがあるので、簡単にうまくいくのかもしれんけど。

結局、SDカードにアドレス帳をバックアップし、そのSD
カードをPCに読み込ませて、そのアドレス帳はvCard方式
だったので、それをWindowsメールにインポートし、
そこからiPhoneに同期させるという方法をとりました。

が。

windowsメールのvCardの読み込みがイマイチで、
電話番号が登録されてなかったりしましたので、
結局すべてのアドレスをPC上でチェックし、
必要があれば書き換えるという、とんでもない
手間がかかりました。

さらには。
Windowsメールのアドレス帳からは
名前の「よみがな」をうまく引き出せないようで、
私のiPhoneのアドレス帳は、名前が漢字の人は
あいうえお順にならないという、
とんでもなく探しにくい状態に。
ええ、結局手動ですべてのアドレスの
名前を打ち込むしかないのですよ。
・・・暇なときにボチボチやるさ。

それと。
結構不便だと思うのが、
単語登録ができないこと。
(できないのかな?少なくとも私にはやり方が
わからない)
文字のコピーペーストもやり方がわからない。

あと、致命的なのが。
メールが送れない携帯があるっぽい。
たぶんねー、迷惑メール対策とかで、シャットアウト
されてると思うんだけど。
受けるのは、大丈夫。
だけど、こっちから送ったメールが届いていない
ことが多い。
特にdocomo(ドコモ)。
iPhoneからのメールって、アドレスが
★★★@i.softbank.jp
になるんですよ。
最後の部分が
~.ne.jp
にならないので、そこで迷惑メールを見分けている
ような携帯は、iPhoneからのメールはシャットアウト
しますよね。

えー、私の携帯メールアドレスを知っている人で
特にドコモユーザーの方は、
私からの「メアド変えましたメール」が届いていない
可能性があります。
メールアドレスは
以前のアドレス★★★★@ezweb.ne.jpの
★の部分はそのままで、@から後を「i.softbank.jp」に
すればOKですから!
ついでに、一度メールを送ってもらえるとうれしいです。
どうかよろしくお願いします。

ええと。
それと、他にもちょっと困ったことがありまして。
メールが届いたときにですね、音が鳴らない。
「新着メールが届きました」っていう文字は
画面に出るんですけど、音はならないですね。

要するに。
メール機能がちょっと問題アリ、という感じです。

まあでも文字は打ちやすいんですよ。
早く打てる。なれると特に。

これは、かなりパソコンに詳しくないと、途中で
投げ捨てたくなる可能性が大ですね。

ウェブが見れるよーとか、ゲームできるよーとか
いろいろありますけど。
携帯を買い換える感覚でいると、かなり打ちのめされる
と思います。
日本の携帯は、やはり使いやすく工夫されているし、
日本人は日本の携帯になれてしまっているし、
ある程度メーカーやキャリアを超えたセオリーも
固まっている部分がありますよね。
それはやはり、評価するべきだったのかと思います。
誰でもある程度使える、という点で。

ただですね。
いろいろありますけど、iPhoneの電話機能、これは
かなりGOODですよ。
音もきれいですし。
普通にスピーカーホンできるので、話しながら
Web見たり、アドレス帳を入力したりできるので。
これは、思った以上に便利と思います。
だって、電話で話してる時に
「○○さんの電話番号知ってる?」とか
聞かれたときとかさ。
「知ってるけど今は見れない。携帯に入ってるから。
あとでメールで教えるね」とかになるでしょ?
それがない。
電話はすごくいいと思うのですが、Wホワイトプランなので、
話しただけお金がかかる従量制(無料通話分がない)。
だからあんまりかけたくないです。

結局、Wホワイトにして、iPhoneにすると、本体代も含めて
月1万円は最低かかります。
その辺も、ちゃんと考えたほうがいいでしょうね。

いろいろありますが。

Webは、ばっちり見れます。
家の中は電波が悪くて、携帯電話網では閲覧は
難しかったのですが、ウチは無線ランなので、
無線ランでネットを見ています。
これはすぐつながりました。さすがMac。

長短ありますけれども、やっぱりiPhoneは楽しい。

これからじっくり、2年間はお付き合いしたいと思います。





  


Posted by 茸 at 23:09Comments(3)わたくしごと

2008年07月11日

デジモノチェック

今日は色校も見たし、原稿も書いてメドがついたし、
いい週末が送れそうです。

それにしても。
iPhoneは都市圏では大変なことになっている
ようですね。暴動が起きるかと思ったけど。
平和でしたね。
D4が完全に忘れられているのが哀しい。
(もともと同じ土俵にすら立っていない)

とりあえずコジマ電器に行ってみました。
iPhoneはやはり売り切れでしたが、実機が
展示してありましたよ。
触ってきました。
平べったい名刺入れのような形をしていて、
すっごくつやつやしておりました。なめらか。
画面はとても精緻できれい。
よく動くので、それにびっくりします。

でもこれは携帯として便利かと言われたら、
幅広いから耳に当てるのは不便かなとか
ボタンがないから、必ず画面を見て文字を打たないと
いけない(携帯ならある程度ブラインドタッチが
できるでしょ?)こととか、
Webはちょっと遅いみたいだなとか
いろいろわかりました。
でも、魅力的な端末であることは確か。
もう少しじっくり見たかったけれど、横にいた
小学生の女の子にめっさ見つめられていたので
しぶしぶその場を離れました。

で、Willcomブースもチェック。
D4には「予約商品」の文字が。
あれ?もしや注文販売?在庫置いてないのかも。
実機はなく、モック(動かないサンプル)のみが
置いてありました。
モックの感想。
でかい。
重い。
でも画面は大きい。
キーボードは普通に何とか打てそう。

ううーん。
iPhoneは音楽プレーヤーやちょっとWebチェック
(Webブラウジングとまではいかない)とか、
ちょっとメール打ちとかによさげ。あとゲームが
今後充実してきそうな予感。
たぶん、すると思う。
本格的なゲームというより、ちょっと暇つぶし型の
DSとかに出るようなタイプのゲームが。

D4は、エクセルはパワポのデータを見たり、
編集したりするのに便利だろうな。
あくまでビジネスのニーズに対応、という
感じがします。ブログの更新には便利だろうけど
あんな重たいのを持ち歩くのか・・・。
これはやっぱりノートPCだな。

ううーん。どちらもなんとも言えません。
D4を触ってみないことにはなあ。
でもヤマダもベストも実機はないって言われちゃった。
どっかに動くD4はないものか。  


Posted by 茸 at 22:20Comments(0)気まぐれ日報

2008年07月10日

マクロビオ

今日はちょっとだけ涼しかったですね!
うちのミリーさまがこじんまりとしているので
よくわかります。


今日はマクロビの取材をしまして。
いやーすごかったです。

マクロビとかヨガとかをしている人は、
年齢がないというか、なんか内からの生命力が
すごく強い感じがするんですよね。
たるんでないというか。

前々からマクロビはやってみたかったので、
さっそく玄米を購入してみました。
まずは玄米食から。

マクロビがいいなと感じるのは、
体が省エネモード(エコモード?)になること。
肉とか魚とか砂糖とか油とか、そういう高エネルギーな
ものをたくさん食べなくても、効率よく動ける、きびきび
動ける体になるからなんです。
今までの体を外車とするなら、ハイブリッドカーに
エンジンを切り替える、って感じで。
だって穀物や野菜で、普段通りの生活ができるなら
ローコストだし何よりエネルギー効率がいいじゃん。
(肉や乳製品を作るには石油とか飼料とかエネルギーが
がいっぱいいるので人類全体でみると効率が悪い)

ものを食べることは、体にエネルギーを与える
ことじゃなくて、実は内臓を酷使しつつなんとかかんとか
食品を吸収できる形に化学変化させること。
食べる、ということ自体が体に負担がある。
ならば、内臓が少しでも楽できるものを食べることが
内臓の長持ちにつながり、健康につながると
いうことですよね。

栄養がある、良い成分が入っているものを
食べれば食べるほど健康にいい、なんて信じていた
のは昔の話で。
今はどれを食べないか、を選ぶことこそ重要に
なってきているのですね。
だって、体に入った添加物やちょっと残った農薬、
化学調味料が体に悪影響を与えないのは、
無言の臓器・肝臓が必死に解毒してるからだし。

実際に、高校時代、白砂糖断ち(精製した砂糖は
非常に体に影響が大きい)をしたことがあるのですが、
確かに、効き目はありました。
(生理痛がその月は軽かった)
でも、食べざかりで受験勉強もしている高校生にとって
砂糖を断つのは非常に苦しかったから
やめたんですけど。
だって砂糖を断つと、お菓子もジュースもほとんどの
食材が食べられないんですよ。
それだけすべてのものに砂糖が入っているという
ことですけどね。コワーイ。

飽食国家といわれている日本にマクロビが
ビリーズブートキャンプのように爆発的に流行れば
食料自給率も変わってくると思うんだけど
どうなのだろうか。
日本で取れるものが、よく食べるものなら
きっと自給率は変わるよね。
日本人がほどんどパンやパスタを食べない民族なら
ほぼ輸入に頼る小麦を国産でまかなえるんじゃない?

国は増産だけでなくて、消費傾向のほうも
コントロールすればいいと思う。
プロバカンダ、得意でしょ。
「肉食、カッコワルイ」みたいな。
あーでも日本の農業界が大打撃だよな。
うーん。農業は応援したいけど、なんとかうまい
方法はないだろうか。  


Posted by 茸 at 20:24Comments(2)取材ウラ話

2008年07月09日

ピンクは嫌い

編集長がアイフォ~ンを買うと言い出して
ジェラシってる茸ですコンバンワ。

ネット見るだけなら、アイフォ~ンかしらねえー
でも文字入力はどうなるの?
iPhoneならauを捨てることが前提だな。
ええー。
でもiPhoneにしたらiPod買わなくていいよな。
・・・・。
ええーでもー。

とりあえず、発売後の口コミを待ちます。
(iPhoneがそんなに簡単に手に入るとは
思えないけど。以前のDS並みのレアさになるのでは)

というわけで思い悩むことが多い今日この頃ですが、
本日はオーラソーマの取材に行きました!

前々から気にはなっていたオーラソーマ。
あのきれいなボトルがいっぱいならんでるやつですよ。
カウンセリングみたいな雰囲気のイメージが
私にはあったので、それを確かめるために。

4本ボトルを選ぶと、いま自分の魂の部分が
抱えている問題とか、現在の状態、未来への希望、
そういうのがわかるそうで。

いやー。
びっくりしました。
ドキドキでした。
自分でなんとなくそう思っていたことを
知らない人から指摘されることはドッキリしますね。
ひそかに思っている自分の欠点とか、
治ったらいいのにと思っているところとか。

あと、今日の大発見は、第3の目について。
私はなんとなく、超能力的なイメージだったんですけど
左右の二つの眼は、物事を見て、絶対に○か×って
きめるんだそうですよ。
でも、第3の眼は内側を向いていて、
私の中を見ている。
この眼はジャッジしないそうです。

不思議だなあ。どうしてそういう世界は理論が
つながっているんだろう。
神道では「内在神」っていう話が出てくるし。
アマテラスオオミカミが鏡を渡して、
「この中に、いつでも私(神)がいます」って
いったという逸話があるけど、つまりは
映っている人が、神ということを意味している
のではないか、ひいては人の中に神がいると
いうことでは?的な。

ドキドキしますね。
神道も、仏教も、キリストもイスラムも密教も
ブードゥーも、アプローチの仕方が違うだけで
同じ真理に向かっていろんな人が考えた
結果、生まれたものな感じがするんですよ。
世界はひとつというけれど、本当に、本質の
部分はつながっているのではないかという気になる。

ところで、今日不思議だったのは。
私の選んだ一本目のボトルは、クリア(透明)の
下にうすピンクがあるボトルだったんですけどね。
下は潜在意識の方らしくて、ピンクはそのまま
愛情とか優しさとかを表しているそうで。
私は優しくないのでふーんと思ったのですが、
そういえば私はよくピンク色のものをもらう。

ピンクは嫌いなので、なんでこの色なんですかと
聞いたら、茸さんのイメージで選んだ、と
言われるのですよ。
ピンクの服なんて着たことないのに。
ピンクは嫌いなんですけど、と店の人に言ったら、
「逆にその色が、魂の課題を表しているのかも
しれないですね」と言われて。
ピンクが課題?愛?
ああー。今世の課題はたぶん落第だわ。


  


Posted by 茸 at 20:15Comments(2)取材ウラ話

2008年07月08日

アロマロマ

今日は取材にたくさん行きましたので
かなりインプット過多です。

最後に宮崎市の南宮崎駅近くにある
アロマフルールさんに行きましてね。
18時に行きまして、帰ってきたのが21時。
遅くまで申し訳なかったなあ~。
ついついおしゃべりしてしまって。

で、今日は1年以上前から気になっていた
アロマなジュースを買いました。



商品名は「ソーンクロフト ハーブ コーディアル」。
レモン果汁と、砂糖と、エルダーの花が入っていて、
水で10~15倍に薄めて飲むのです。
花の味。
甘くて酸っぱくて、いいにおい。
これなんか大好きなんですけど。
やっぱ香料入りのジュースなんかとは違って
ふわーっと満ちる芳香がたまらないです。
375ml入りで2500円近くする高級品ですがね。
たまには自分にゴホウビですよ!ハハハ

あとねー、マッサージオイルも作ってもらいました。
アロマ(ナチュラル100%のエッセンシャルオイルしか
使わない)入りのマッサージオイルは、成分が
体内までしみこんでいくそうなのですよ。
肩が凝って頭が痛くなる時があるといったら
作らせてくれたの。
アーモンドオイルにエッセンシャルオイルを入れる
だけだけどね。いやいやいやポタンとうまく
垂らすのはむつかしいよ。
お風呂上りにぬるといいんだって。
私はマッサージオイルはグリグリマッサージしないと
いけないと思っていたので、
塗るだけでいいならいいなあとおもって買った。
ひとビン1000円。
効くかなどうかなドキドキ。

最近心底疲れているので、
ちょっと自分をちゃんとメンテナンスしないと
いけないなと思って。
それなのにこんな時間にブログ執筆・・・。
もう寝よ。  


Posted by 茸 at 22:33Comments(2)取材ウラ話

2008年07月07日

キムチ各種

とうとう・・・。
最もお気に入りのお店をグルメに出しちゃったー!
こないだブログでは紹介した英鑫苑(えいしんわん)。
キムチ冷麺~。

だってね!この味はほかじゃ食べられないんですよ。
普通の中華屋さんにはないメニューも多いし、
味もなんかしっくりなじむ感じで。
夏になったら必ず1度は行くのです。

今回、初めてキムチ冷麺を食べたんですけど、
キムチ自体がうまい。
そんなに辛くないし。
キムチも辛子のふりかけも餃子も肉まん(冬)も
全部手作りなので、幸せなうまさ。

なんというかファミレスとか学食とか
既製品を皿に盛っただけの料理を出すところは
切ないおいしさな感じなのです。
まずくはない。普通においしい。だけど淋しい。
料理は奥が深いですね。

キムチもいろいろあって、持ち帰りもできる
んですけど、お店の人はゴボウキムチが
好きだって言ってた。

珍しいキムチだな。
ポリポリ辛くて、ご飯に乗せて食べたいです。

そしてキムチをめいっぱい食べたあと、
次の打ち合わせに行きました。
私に1メートル以上近付かないでくれたまへ。
20代乙女としてどうなのか。
…前世が韓国人だと思えば平気じゃないかな。

ところで今週末はいよいよD4が発売ですね。
(まだ未練がましく思っている)
買えなくても、見たい!触ってみたい!
コジマに実機入るかな~。  


Posted by 茸 at 21:43Comments(2)ウマウマ話

2008年07月06日

苦悩の日々

オフの日なはずなのに全然オフじゃねーじゃんかと
ぐんにゃりしている茸です。

でも昨日から頑張ったかいがあり、特集4ページのうち
3ページを書き上げました!ヤッター
途中でヘンに情熱的になったりしながら、熱い気持ちで
書き上げたわけですよ。

はたして、読者の皆さん全員が読んで面白い、と
感じるかどうかは甚だ疑問ではありますが、どうか
読んでくれますように、そして「ヘー」と思ってくれますように。
恋文のような気持ちで書いていますよ。キャー
あることないこと平気で言うタイプです。
いや、前半はマジだったんですけどね。

昨日写真も掲載しなかったので、今日はなんか
写真載せるやつないかなと思っていたら特にないので
今回ボツになった写真をアップします。

※写真と本文の内容は無関係です

県図書の秘密の倉庫で見せてもらった大日本史。
ほらほらあの水戸黄門が編纂したやつですよ。
佐土原藩にもやっぱり助さんが来てね、聞き込み調査を
されたそうです。
で、佐土原藩はどういうふうに答えればいいか
本家島津にお伺いをたてに行ったそうです。
そんな細かい事まですべて記録してある佐土原藩嶋津家日記。
江戸時代の記録はすべて、一冊も欠けることなく現存する
そうですよ。すごいねー。
歴史的価値のある文書ですよね。
藩の日記だから、信頼性も高いし。
(当時の藩の日記は現在の県の行政記録資料にあたる)
・・・・・・助さんって、ハンサムだったのかな?

さて話が思いきりそれましたが。

Vistaに買い替えて、困ったことがいくつかあります。
ひとつは、プリンターが使えなくなったこと。
そして、これがイタイのですが、愛用していたMP3プレーヤーも
使えなくなったこと。

これねえ!なんで?と思うでしょ!?
単なるMP3データを再生するだけの機能を持ったマシンなら
何の問題もなかったわけですよ。
それなのに東芝が多分、著作権保護系の理由だと思うけど
PCからプレーヤーに移すタイミングで、MP3を謎の形式に
書き換えていたみたいで。よ・け・い・なことを~~!

つまりこのプレーヤー専用のソフトウエアをPCに入れないと、
PC→プレーヤーのデータ移動ができない。
それなのに!東芝はそのソフトウエアのVista版はもう
開発しないようです。
ふざけやがってー!
自分で余計な機能を付けておきながら、最後まで面倒を見ないとは
いったいどういった了見であらせられるか?(怒りすぎて尊敬語)

だからねえ!iPodに勝てないのよ!
パソコンがなけりゃ使えないオーディオ機器のくせして、
パソコンとの互換性を全く考えてない!
Vistaがだめならマックはどうだ?リナックスは?
まあiTunesがリナックスで動くかは知らないけれど。
パソコンも作ってる会社なのになんでそんなわけのわからん
仕様にするのか。

というわけで、私はプリンタとデジタルオーディオを買い直す
羽目になりました。
プリンタはね、年賀状書くときでいいや。
でもデジタルオーディオはなあ・・・。
せっかく高速マシンを手に入れたのに、なんでいちいちCDに
焼かないといけないのか。
かなりめんどくさい。
でもこの季節、車の中は超高温になるし、HDDであるiPodが
そんなにタフだとも思えない。もちろん車に放置なんてしないけど。
夏の間はCDで我慢していたほうが無難かな。

そして。
私の部屋に据え置きとなったPC。
22型液晶・一体型デスクトップはもちろん持ち運びできません。
頻繁にはね。
それなのに、私の部屋にはクーラーがありません。
2階にある私の部屋は当然灼熱地獄。
実質、パソコンに近づけない日々です。
今も弟のノートパソコンから更新中。
・・・クーラーをつけるか?それとも再度D4を検討するか?
非常に困った季節となりました。  


Posted by 茸 at 18:49Comments(3)デジモノ

2008年07月05日

ジレンマ

OFFの日であるはずなのに、なぜかまた
仕事を家に持ち帰っている茸ですこんにちは。

正直、このテーマは私には重すぎた。(負担が)
宮崎の神話から歴史、現在に至るまでを
まとめたいと思って果敢に取り組んでまいりましたが
軽く消化不良のまま終わりそうな気がしてならない。

神話も歴史も、それだけで軽く巻頭特集4ページ
まるまる使える(それでも足りないくらい)の
テーマなのに、1ページでまとめてしまうという
乱暴さ。
さらに現在のミニ知識まで入れ込んでしまおうと
いうのだからむちゃくちゃです。

でも。
私はこれは間違ってないと思う。
だいたい神話だけ、歴史だけの巻頭特集なんて
それ系によっぽど興味のある人しか読まない。
そういうのに興味がある人は、そもそもちゃんと
専門書とか書籍でかなりの知識は得ているはず。
なにもフリーペーパーで知らしめる必要など
ないはずなのだ。

私が書きたいのは、神話も歴史もさほど興味が
ない人でも、「へー」と思ってもらえるもの。
神話や歴史に目を向けるきっかけとなってもらえれば
それで十分なんだ。

とは分かっていても。

取材先で見聞きした情報をすべて入れることが
できないという悔しさ。
さわりを書いてるうちにページが埋まってしまう。
「あたしはこういうことが書きたいんじゃない」と
思いながら、でもこれ以上深く突っ込むと
収拾がつかなくなってしまうし、
前知識のない人にはついていけない世界へ
行ってしまうとわかっている。

きゅんとはフリーペーパー。
みんなが楽しいと思って読んでもらえなければ
意味はないんです。
でも、最低限これだけは知っていてほしいという
メッセージだけを目いっぱい詰め込んで、
なんとか書き上げたいと思っています。

ちなみに。
4時間かけて、まだ1ページ書き上げてない。
あと3ページ…。
……ゴールは見ないようにしよう。

  


Posted by 茸 at 18:42Comments(2)OFFの日レポ

2008年07月04日

きんたろあめ

みなさま、私の(歯の)ご心配を頂き、
誠にありがとうございます。
ブログやってて良かった。(ホロリ)
抜糸大出血レポートも書けますしね!
ムダに痛い目には遭いませんよ。

今日はMONOの取材のため、国富町にある窯元、
「一つ葉焼」さんに行って参りました。

練り込み、と呼ばれる技法で、色の違う粘土を
組み合わせることで柄を作るんですよ。
こういうのができます。

かえるさん。


おはな。(マーガレット)


五月人形。

練り込みだと、裏にも同じ模様がでるのが
かわいいところです。
正直、ものすごい作るのが大変なんじゃないかという
気がしますが。

なんと、作っているところを見せてもらえました。
まず、できたものを見せますね、と言われて
出てきたのは茶色い土の四角いカタマリ。
どこに柄が…?
細いワイヤーで粘土を切ると、

うわーー!!
中から柄が!
次から次に。
「ようするに、金太郎飴の要領です」と
言われましたがイメージがわきません。

その場でお花を作ってくれました。
まずは、四角い土をワイヤーで切って、
細長い粘土を作ります。
形も考えてね。

横に置いてある木の棒がポイント。
これを左右に何本重ねるかで、水平に切ったり、
斜めに切ったり自由自在なのです。

そんで、形を整えて、組み合わせていきます。

切るところから組み合わせるところまで一気にお送り
しました。正直ねえ、写真で見ても分かりません!
やってるところを見てたけど、途中まで不思議な物を
見るような目で見てましたからね。
で、組み合わさってきてから、「ああー!ここが花びらに
なるのねー」と思いました。

で、まあでっかい花の形をした(上から見ればね)柱が
できたら、それを粘土の蛇を作るように、こねこね細く
伸ばしていくのです。
すると、花がちっちゃくなります。

すごーい。

なんかね、注文がすごく多いらしくて、
あの格闘家の角田さんもお客さんなんですって。
角田さんにリクエストされて作った
フクロウのお皿もあったよ。

色がパステル調で明るいのもいいですよね。
ちょっとかわいらしい感じの柄だし。
もちろん全部手作りだから、形も柄もちょっとずつ
違っていて、手に持つところんとして馴染む。
いやーいいMONO見せてもらいました。  


Posted by 茸 at 19:46Comments(4)取材ウラ話

2008年07月03日

へこんだ日は

親知らずを抜くことになり、大手術(切開)となりそうで
完全に凹んでいる茸ですこんばんわ。
ものすごい腫れるんだってー。
というか痛いんじゃないのかな手術って。
血がどばーって。うわああん(ノД`)・゜・。

あんまり哀しくなったので、CDを借りに行きました。
ほら、景気づけに。
明日まで旧作アルバムが半額なのです。
でもお目当ては新作です。意味ねえ。

私が借りたのはこれー。

Acid Black Cherryの「Recreation」。
カバーアルバムです。

なかなかマニアックな選曲ですよ。
スローモーション、シャイニン・オン君が哀しい、
異邦人、待つわ、BEAUTFUL NAME…。
元曲は女性ボーカルが多い気がしますね。
聞いてみたらすごい。これ。
「再創造」のタイトルにウソはないね。
あみんの「待つわ」なんてボサノバちっくだし。
なんでこんな女の情念的な曲が似合うのかな。

Janne Da Arcのボーカルなんですけど、歌のうまさは
まあ言うまでもないとして、作曲・作詞・編曲と
なんでもできちゃうわけですよこの人は。
いやいやいや。すごいね。ほんと。
ライブも行ったことあるんですけど、楽しかったです。

カバーってやっぱりその人に声の特徴というか
圧倒的な魅力がないときびしいなと思います。
ちょろっと腕にベルトを巻いて、TMRの名曲を
カラオケレベルで歌うバンドとはやっぱり違います。
(正直、HOT LIMITをカバーって自殺行為だと思うが)
ちいとばかしラップを入れれば「オレららしい」とか
思ってるんじゃなかろうな。学園祭じゃあるまいし。
は!ちょっと怒りが漏れてしまった。

あとね、これも借りました。旧作。170円。

石川智晶の「僕らはまだ何も知らない」。
YouTubeで偶然聞いた「アンインストール」が
妙に耳について借りましたよ。
なんかアニメの主題歌だったらしくて、
アニメでロボの搭乗者がどんどん死ぬらしいんですけど
その死ぬ人数と曲中の「アンインストール」という言葉の
回数がおんなじにしてあるんだって。

・・・人が死ぬことはアンインストールとは
あんまり思わないけど。
どちらかといえば人はPC本体そのものであって、
ソフトではない気がするけどな。
あ、人類自体を本体とみなすわけかな。
えー?
(アニメを見ていないのにいろいろ言ってはいけません)
でも水戸黄門で人が死んでもなんかへこむ私は
とても見れそうもありませんよ。  


Posted by 茸 at 22:36Comments(7)わたくしごと

2008年07月02日

県庁のヒミツ

本日は県文書センターへ、県庁のヒミツを
聞き込みに行きました。
ヒミツって言っても別に悪い話じゃないんですけどね。

聞いてみてびっくり。
大恐慌の中、どうやって県はお金を用意したのか
とか、材料はどんなものを使ったのかとか、
デザインについてもいろいろ逸話があって。

非常に気になったのが、この文書センター自体、
かなりかっこいい建物であるということ。
聞けば県庁本館より古い(昭和元年)そうです。
やたらデカイ建物なのに、2階建てだし。
(天井がすごく高いから)

本当に今回の特集は、初耳なこと、
目からウロコなはなし、ショッキングな事実に
ガンガンぶち当たるので、正直
私の宮崎人としてのアイデンティティや
宮崎観、ふるさと観が大きく変わりました。
いや、悪い意味でなく、なんというか
幻を愛していた部分があったというか。
真実の姿を知ることで、より愛着が
わくものですね。
これはきっと恋に似ている。(そうか?)
つくづく人以外の物を愛するタイプです。

そして、前々から気になっていた県の
物産館前に売ってるマンゴーソフトクリーム
(350円)を、食べてみました!
だって暑さがすごかったから!


思った以上にマンゴーの風味があって、
ちょっとシャリ感もあって、
かなりウマかったですよ!
濃厚系というより若干さわやか!
私はこういうのも大好きです。

県庁に行ったら、ぜひ食べてみてね。  


Posted by 茸 at 18:19Comments(3)取材ウラ話

2008年07月01日

古代ロマン、本当の意味

今日は、西都原考古学博物館に取材に行きました。
私は西都市民ですから、地元PRに貢献します。

ぶっちゃけ、この博物館のかっこいいとことか、
おしゃれなとことか、ちょっと変わった物が
見れるとか、そういうライトな話になるだろうと
高をくくって行ったわけです。
だって本当にカッコイイから。

ね、博物館ぽくないよ。

でですね、話を伺ったのはなんとこの本を書かれた
人でした!(なぜ行く前に気付かないのか)


難しい話をすごく分かりやすく話してくださって、
歴史にうとい(考古学にも当然疎い)私にも、
ことの重大さがよく分かりました。

というかね、男狭穂塚・女狭穂塚って私はてっきり
ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの
墓だと思ってたのです。バカですよねそういえば
それは神話の神さまの名前じゃないか。

男狭穂塚はなんだか妙な形をしてるんですよ。
前方後円墳の四角の部分を壊したような。
女狭穂塚に接している部分が壊れている。
ということは完全な形をした女狭穂塚は
後から作られたのか?

でもねでもね、レーダー調査とかでいろいろ
分かってくるわけです。もともとあったものが
壊されたんじゃなく、もとからこういう形だった
ということが。
大きさの比率とかから、どうも前方後円墳じゃなく
ホタテ貝型の古墳のようだ。
それなら、この男狭穂塚は国内で最大のホタテ貝
型古墳になるのです。
となると、その時代のかなりの有力者という
見方ができる。じゃあそれは誰なのか。

古墳ができた年代と、古事記・日本書紀に示された
天皇の系図を照らし合わせる。
出てくる有力者は、当然そうたくさんはいない。

ミステリーの伏線が一つ一つひも解かれて、
わからなかったパーツがぱちん、ぱちんと
はまっていく。
話を聞いてるうちにぞーっと鳥肌が立ってきて
その埋葬された人の名前を聞いた途端、
今までのんきに晴れていたのどかな西都原が
まったく違って見えてきて、
なんか涙が出そうになったんですよ。

なぜ、日向がそこまで古事記・日本書紀に
ガンガン出てくるのか、どうして大和朝廷は
そこまで日向に気を遣うのか。
その答えは、悲しい闇の歴史。
天皇になることなく消された日向系統の皇子。
今まで考えもしなかった、髪長媛の最後。

西都とは、そういう場所だったのか。
日向には、そういう意味があったのか。

神話には宮崎の場所がいっぱいでてきてすごいよねー
くらいの認識だった私の頭は
一気にかき混ぜられて。
茫然としながら帰路につきました。
  


Posted by 茸 at 20:38Comments(6)取材ウラ話